オルニチン クエン酸 比較

オルニチンとクエン酸を比較!

比較

 

まず、オルニチンの特徴をチェック!

 

オルニチンとクエン酸は比較するというものではなく、協力して、疲労を回復してくれるものです。

 

肝臓は代謝や解毒という働きを持ち、身体の健康に大きな役割を果たしています。
肝臓の働きが悪くなると、エネルギー補給や解毒作用が充分行われず、疲労として蓄積されます。

 

オルニチンは、肝臓の働きを助け、クエン酸のエネルギーを生産する働きを阻害するアンモニアの解毒を促進します。

 

アンモニアが分解排出されることで、クエン酸は、エネルギーを生み出し、全身に供給することができます。
これで、エネルギー不足が解消され、疲労回復ができるのです。

 

オルニチンは、肝臓機能の低下による疲労にしか効果がないという方もありますが、
肝臓を健康な状態に維持することが、アンモニアの解毒だけではなく、
スムーズなエネルギーを促進し、疲労の回復、疲労の蓄積を予防することができます。

 

 

次に、クエン酸の効果とは??

 

クエン酸は、体内に取り込まれた栄養素からエネルギーを生成するだけではなく、
ビタミンB群と一緒に摂取することで、筋肉疲労や筋肉痛の原因と言われる疲労物質乳酸をエネルギーに変える働きもあります。

 

また、この二つの成分を常に補給することが疲れにくい身体づくりにもなります。
それぞれの機能を果たす時に自らも消費されます。

 

オルニチンもクエン酸も現代の食生活の中で、充分に摂取することは難しいようです。
もちろん、食生活を見直し、これらの成分を豊富に含んだ食材を使うことは必要ですが、サプリメントで補うこともいいのではないでしょうか。