オルニチン 尿素

オルニチンは尿素回路で毒を無害化?

疲れ解消

 

アンモニアを解毒する機能をサポート!

 

オルニチンは尿素回路で毒を無害化します。

 

オルニチンは遊離アミノ酸の一種で、遊離アミノ酸は体の中で
タンパク質にならない重要な働きをするアミノ酸のことで、腸で吸収されて肝臓や筋肉などに移行していきます。

 

特に肝臓にあるオルニチンサイクルは有害なアンモニアを代謝する経路に関係し、
肝臓機能が低下したら保護したり、タンパク質合成を肝臓で高める作用があります。

 

オルニチンはアンモニアを解毒する代謝経路の一部を構成し、尿素回路と呼ばれているもので、
この尿素回路でアンモニアは無毒な尿素に変換されるのです。

 

尿素を産出したらオルニチンは肝臓で再生され、ミトコンドリアの働きを助けることで肝臓全体の機能を正常に保つ働きが期待できます。

 

体内からアンモニアを除去することでエネルギー産生を円滑にして疲労を回復効果も期待できるのです。

 

 

肝臓は自覚症状が出にくい!?

 

肝臓には神経がないため痛みを感じることはありません。
そのため肝臓が何かダメージを受けても自覚症状がないまま病状などは進行してしまいます。

 

検査で病気に気付くこともあり、他に症状がでることで肝臓が弱っていることに気付くこともあります。

 

日常生活でアルコールを過剰に摂取したり、睡眠不足など生活習慣が乱れると肝臓機能が低下し、
疲労を感じたり、肝臓の病気になる可能性があります。

 

オルニチンは尿素回路で体内に溜まった毒を解毒して無害化することが期待できます。

 

しじみに多く含まれる成分ですが、毎日しじみを食べることも難しいため
サプリを活用して継続的にオルニチンを摂取して肝臓を健康に保つことが大切です。